会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    オリジナルグッズ    
         
    出版物・書籍    
         
 
 
 
 
    0422-27-5634
 
  メールはこちら
 
 
 
 
 
 
   出版物・書籍 > ★新商品★
第4回淡水ガメ情報交換会 講演要旨集
 
 
 
前の商品 ★新商品★
第4回淡水ガメ情報交換会 講演要旨集
 
 
★新商品★第4回淡水ガメ情報交換会 講演要旨集

拡大 ( Size : 82 kb )
 
価格 : 1,500円(税込)
数量
 
 送料は、別途お知らせいたします。
 
 
 

第4回 淡水ガメ情報交換会 講演要旨集


<主な内容>

2017年3月4日・5日に東邦大学習志野キャンパス(千葉県船橋市)で行なわれた第4回淡水ガメ情報交換会の講演要旨集です。
テーマごとに5つのミニシンポジウムが開催され、各シンポジウムで発表された計30名の要旨が記載されています。図や写真がついているため内容を理解しやすく、最新のカメに関する全国各地の情報がこの1冊で分かります。
 

主催:認定NPO法人生態工房、神戸市立須磨海浜水族園、東邦大学理学部地理生態学研究室

協力:千葉県ニホンイシガメ保護対策協議会
 

1.「広がるアカミミガメ対策〜様々な主体による取り組み」  

「外来カメ類調査はじめました in 札幌市」
片山 裕美子(酪農学園大学 野生動物保護管理学研究室)
「岡山県におけるミシシッピアカミミガメの定着状況」
山地 優奈(岡山理科大学 生物地球学部)
「長期的観察による河北潟のアカミミガメ・クサガメ個体群の特徴の変化」
野田 英樹(金沢大学大学院 自然科学研究科)
「篠山城跡お堀におけるミシシッピアカミミガメの駆除」
山口 達成(農都ささやま外来生物対策協議会)
「ミシシッピアカミミガメの捕獲・啓発活動
 〜土浦新川のアカミミガメ捕獲と 霞ヶ浦環境科学センター夏祭りへの出展と啓発活動〜」
大木 久光(NPO 法人 環境技術士ネットワーク)
「アカミミガメ対策はじめの一歩〜普及啓発活動の紹介〜」
片岡 友美(認定 NPO 法人 生態工房)
「環境省におけるアカミミガメ対策 〜アカミミガメ対策推進プロジェクト〜」
黛 絵美(環境省 自然環境局 野生生物課 外来生物対策室)
「彦根城中堀におけるオニバス保全に向けた取り組み
 〜日光浴ワナによるミシシッピアカミミガメ対策〜」
曽我部 共生(彦根城オニバスプロジェクト)
「播磨町狐狸ヶ池におけるアカミミガメ駆除によるオニバスの復活事例」
三根 佳奈子((株)自然回復)
「明石市におけるアカミミガメ対策について
 〜話そう、アカミミガメ対策最前線の「あかし」〜」
松田 直樹(明石市環境総務課)
「兵庫県明石市を流れる谷八木川におけるアカミミガメの駆除(2013 年—2016 年)」
谷口 真理(明石市ミシシッピアカミミガメ対策協議会/(株)自然回復)
「必須栄養成分と有害元素に着目したアカミミガメ堆肥の化学分析結果」
坂 雅宏(京都府保健環境研究所)

2.「形態情報による個体群特性の把握」
「岡山県の陸水域で捕獲されるクサガメの甲長分布と性比」
藤林 真(岡山理科大学 生物地球学部)
「侵略的外来種ミシシッピアカミミガメの成長解析−性成熟に伴う成長率の変化−」
宮崎 未来良(東邦大・理)
「甲羅の年輪を用いた淡水生カメ類の成長解析」
下藤 章(東邦大院・理)
「千葉県印旛沼水系におけるカミツキガメの繁殖開始年齢」
辻井 聖武(CES、東邦大・理)
 

3.「淡水ガメにおける個体群研究の重要性と保全への示唆」

「局所個体群における標識再捕データを用いた個体群動態の解析」

小林 篤(東邦大・理)

「局所的な個体群調査から広域的に淡水ガメの生息状況を把握する」

加賀山 翔一(東邦大院・理)

 

4.「ペットの遺棄と流通問題」

「武蔵野台地におけるニオイガメ類の採取記録」

岩本 愛夢(認定 NPO 法人生態工房)

「大正川における二ホンイシガメ・ミナミイシガメ大量遺棄事件」

西堀 智子(和亀保護の会)

「急増する大規模な爬虫類などの即売会イベントについて」

寺岡 誠二
 

5.「ニホンイシガメ保全の取り組み〜千葉県を事例として」
「絶滅寸前の岡山県のニホンイシガメ」
砂場 千奈(岡山理科大学 生物地球学部)
「千葉県におけるニホンイシガメ保全の取組
 〜千葉県ニホンイシガメ保護対策協議会の設立と現在の活動状況〜」
近藤 めぐみ(千葉県ニホンイシガメ保護対策協議会/NPOカメネットワークジャパン)
「千葉県北東部におけるニホンイシガメの生息域内保全の取り組み」
小賀野 大一(千葉県野生生物研究会、千葉県ニホンイシガメ保護対策協議会)
「ニホンイシガメの陸上環境利用」
大竹 海也(東邦大院・理)
「遺伝情報と形態情報から種の置き換わりの痕跡を探す」
宍倉 慎一朗(東邦大院・理)
「ニホンイシガメはアライグマに襲われやすい!? 」
多田 哲子(京都府保健環境研究所)
「千葉県内におけるアライグマの侵入過程と淡水カメ類への影響の考察」
吉田 和哉(東邦大院・理)
「千葉県におけるニホンイシガメの生息域外保全の取り組み」
尾崎 真澄(千葉県ニホンイシガメ保護対策協議会)
「飼育下における淡水性カメ類の産卵状況について −1976 年〜2015 年の記録より−」
竹田 正義(姫路市立水族館)

<発行日>

   2017年 3月 3日

<形状等>
   A4サイズ、97ページ      ※環境保護のため再生紙を使用しています


Copyright © エコワの森 All Rights Reserved.   0422-27-5634
商号名 : 特定非営利活動法人生態工房   代表 : 安部 邦昭
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都武蔵野市吉祥寺本町4-9-22フラットK101
 
 
 
ネットショップ開業ならMakeShop
ネットショップ開業!MakeShopで簡単構築!